赤ちゃんのお祝い着「初着」~取扱商品

初着の意味

お祝い着とも呼ばれる、お宮参りの時に赤ちゃんが着る華やかな衣装が初着です。
一般的には、母方の実家より送られてきた初着を羽織り、お宮参りにでかけます。
男の子は黒地ののし目模様に鶴や松、鷹や波などの模様が描いてあるきものを選びます。また、両脇に二箇所、背中に一箇所、両袖二箇所の計五箇所に家紋を入れます。
女の子は赤地の、友禅模様に御所車や手まり、鶴や小鼓などが花で囲まれているきものを選びます。家紋は不要ですが、入れたい場合は背中に一箇所だけ入れます。
これらには、赤ちゃんが健康に育ってほしいという願いのほか、男の子はりりしく、女の子は優しく、美しくといった願いがこめられています。

初着

女児のご家族の方へ

生まれて初めて袖を通した初着が三歳のお祝いにも着られるのは、日本の伝統着「きもの」の素晴らしいところです。手直しをすることで初着が七五三の晴れ着として生まれ変わります。