成人式の着物/取扱商品~女性のきもの

成人式の着物

丸萬はこだわりの振袖を個性いっぱいのラインナップで展開中です。
コーディネートもプロ仕様。草履バックから小物までフルセットでお求めいただけます。
振袖販売地域No.1宣言の丸萬なら、蔵の街とちぎならではのフォトサービスや、地元ならではの安心サービスで、皆様のステキな成人式を演出します。(丸萬の成人式サービス


訪問着~女性のきもの

訪問着

留袖に準ずる略式礼装で、正式礼装を着るほど儀式ばらない装いで、新年会、お茶会、祝賀会、パーティー、子供の入学式や卒業式などに着ます。
略式礼装
大正末期のころからある絵羽付けのきもので、振袖の豪華さを警戒にしたものです。
略式の礼装ですが、未婚者の場合は正装に用いてもかまいません。小紋やお召しなどの反物と違って、絵羽柄が原則ですが、模様は振袖のように全体につけず、布地を仮仕立てにしておいてポイントをきかせたものです。
訪問着は大活躍
このきものは社交着とも言うべきもので、比較的簡略な結婚披露宴、お茶会、パーティー、目上の人を訪問する場合などに着ていきます。また、柄ゆきによっては観劇などにもふさわしいものです。どちらかといえば、付け下げ風の訪問着は立食パーティーやお茶会、目上の方の訪問に、単色のぼかし染めで絵羽付けされた軽い訪問着などは、観劇やパーティーに着られます。


浴衣~女性のきもの

訪問着

着るのに難しいルールがなく、誰でも気軽に楽しめるのがゆかた。 花火大会や夏祭りなど、今や夏の気軽な外出に欠かせないファッションの一つとして人気があります。
浴衣の由来
かつて入浴時に着た「湯帷子(ゆかたびら)」が、次第に入浴後に着られるようになり、「ゆかた(浴衣)」とよばれるようになったものです。 基本的には花火大会や夏祭り、家庭でくつろぐ時などに着るものとされていますが、最近は軽い街着として着られるゆかたも出ています。 以前は素肌に着るものとされていましたが、今は肌襦袢と裾よけ、またはゆかた用の下着の上に着たほうがよいでしょう。長襦袢は必要ありません。
伝統的柄派?カラフル派?
もともとゆかたは、紺と白で、夏らしい古典模様を染めたものでした。すっきりと涼しげな風情が漂う昔ながらのゆかたには、いつまでも飽きない魅力があり、今も根強い人気があります。
最近のゆかたは驚くほどに色柄が豊富になりました。昔ながらの柄を現代風にアレンジしたおしゃれなゆかた、アンティークのきものの柄を取り入れたようなゆかたもあります。
伝統的柄がお好きな方もカラフル現代柄がお好きな方も、帯結びや小物で変化をつけてアレンジを楽しみましょう。

ゆかた
ゆかた
ゆかた